よくある質問

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)のよくある質問にお答えします。

初心者でも受験できますか?
あらゆるレベルに対応する検定です。
TECCは易しい問題から難しい問題まで、バランスよく配分された1種類のテストで行われるため、あらゆるレベルの人が受験できます。成績を等級ではなくきめ細かなスコアとして数値化していますから、一人一人の現時点での実力が能力値として明確に表れます。
そのため、学習・研修の成果確認や、中国への出張・留学・旅行前の実力チェックとしても有効です。
どんな能力を測定できるのですか?
実際のコミュニケーション能力を客観的に測ります
その名のとおり、中国語におけるコミュニケーション能力を測定する検定です。なかでも実践的な運用能力を重視しています。
TECCの出題内容は、現在の中国語に使用される言語事象(新聞・雑誌・広告・看板・標識・注意書き・TV・ラジオ・アナウンスなど)を題材にしています。これまで受験いただいた方からも「受験すること自体が楽しい」「新しい発見が必ずある」と好評です。
就職やキャリアアップにも役立ちますか?
資格として企業にアピールできます。
近年の中国の急速な経済発展などにより、日本人の中国語圏への出張は増加傾向にあります。しかし、即戦力となる人材が不足しているのが現状です。つまり、中国語コミュニケーション能力のある人材は希少価値が高く、企業での活躍の場も広がっています。TECCのスコアは、ビジネスで使える実践力の証明となりますので「就職」 「転職」 「キャリアアップ」の有効な手段のひとつと位置づけることができます。
仕事で使えるレベルはどのくらいですか?
国内での中国関連業務に従事できるレベルは、600点以上です。
正答率は80%以上が目安となります。
日常会話においては問題なく、ビジネスにおいても限られた範囲内でのコミュニケーションができるレベルです。採用試験などで加点考慮される場合のレベルが 600点以上となり、中級の上を目指す人の指標となります。海外赴任に必要なレベルは700点以上で、正答率90%弱が目安です。日常生活になんら不自由なくコミュニケーションができ、専門分野の知識を備えれば、ビジネス上の交渉等も可能なレベルといえます。
TECCの点数は履歴書に書けるのですか?
現在、多くの企業がTECCを研修成果の確認や、中国赴任者選抜の指標等に使っています。
個人の中国語コミュニケーション能力を客観的に測るには、TECCのようなあらゆる角度から統計処理を経て算出されるスコアが最も適していると評価されています。TECCのスコアは、ビジネスで使える実践力の証明となりますので「就職」「転職」「キャリアアップ」の有効な手段の一つとして位置づけるこができます。また、一部の公務員採用試験でも外国語の加点考慮の対象となっています。
効果的な学習方法はありますか?
問題の5割を占めるリスニング対策が重要です。
TECCの問題は、日常生活やビジネス・旅行でよく使う中国語を中心に出題されています。特に、TECCはリスニング問題の比率が高いのが特徴ですので、この出題形式に慣れることが課題。常用表現を多く扱った教材を選び、ネイティブスピーカーの発音を繰り返し聞く音声学習が効果的です。
スコアの算出方法を教えてください。
TECCのスコアは「項目応答理論(Item Response Theory)」に基づいて統計処理を行なっているもので、全問のうち半分を正解したからといって500点という正答数と連動したものではありません。
TECCのスコアは、異なる問題で受験しても、異なる受験母体の中で受験しても、問題の難易度や母体のレベルに影響されず常に実力に相当するスコアが客観的に数値化されています。これは、一つ一つの問題に難易度や識別度を設定し、どの位の難易度の問題をどれくらい正解したかを電算処理することで、常に一定のスコアが算出されることを可能にしているからです。仮に鉛筆を転がして全体の4分の1を正解しても、簡単な問題を間違えていたり、難易度が高いものができていたりするとこれは、まぐれ当りと判断されて、得点には反映されません。ですから同じ項目を正解していも受験者の解答状況によって評価の重みはそれぞれ異なるということです。
「認定証」は再発行できますか?
第27回(2012年6月10日実施)検定分から再発行できます。検定実施日から2年以内であれば、再発行が可能です。
再発行を希望される方は、下記の説明をご確認の上、検定事務局までお申し込みください。

■「認定証」は、TECC公開試験を受験された方に発行されます。
■再発行期間は、試験実施日から2年間となります。 (試験日から2年以内に、検定事務局に到着した申請が有効となります)

≪お申し込み方法≫

  • 「再発行依頼書」をダウンロードし、必要事項を記入してください。
    • 「再発行依頼書」がダウンロードできない場合は、依頼書と同様の内容を記した書面をご準備ください
  • 「再発行手数料」をお支払いください。
    • 「再発行手数料」

      日本国内に郵送の場合  : 認定証1部につき2,000円(税込)
      海外(中国)に郵送の場合 : 認定証1部につき3,000円(税込)

    • 振込手数料は、受験者の負担となります。
    • 「振込先」

      みずほ銀行 飯田橋支店
      普通 2609039
      株式会社 ハオ中国語アカデミー
      カ)ハオチュウゴクゴアカデミー

  • 以下の書類3点をTECC検定事務局まで郵送してください。
    • 必要事項を記入した「再発行依頼書」
    • 「再発行手数料」の支払いを証明する書類
      • 「振込明細書(ご利用明細書)」のコピー
    • 受験者の身分証明書(有効期限内のもの)のコピー
      • 運転免許証
      • パスポート
      • 住民票
      • 住民台帳基本カード
      • 健康保険証  など
    • 「郵送先」

      〒162-0822
      東京都新宿区下宮比町1-1 相沢ビル4F
      株式会社ハオ中国語アカデミー 中国語TECC検定事務局

  • 注意事項
    • 「認定証」は必要書類が検定事務局に到着後、2週間以内に発送いたします。再発行申請後、20日(海外は1カ月)を経過しても
      「認定証」が到着しない場合は、検定事務局までご連絡ください。
    • お送りいただいた身分証明書のコピーは返却いたしません。
    • 「本籍地」が記載された受験者の身分証明書を郵送する場合は、本籍地を塗りつぶした上で郵送してください。
    • 受験当時と現在とで「姓」が異なる場合は、通常手続きの身分証明書に加え、「戸籍抄本」のコピー(本籍地は塗りつぶしたもの)を
      郵送してください。
インターネット以外に申込方法はありますか?
TECC検定事務局までご相談ください。
中国や中国語についてのセミナーや講演を実施していただけますか?
はい。TECCを創設した相原茂が中国語学習方法や中国最新事情について特別講演をいたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
申込みをしましたが、決済方法を変更したいのですが。
申し訳ございません。申込後に決済方法を変更することはできません。
申込みをしましたが、メールアドレスを変更したいのですが。
下記お問い合わせまでご連絡下さい。
但し、個人受験申込完了メールやコンビニ決済依頼完了メールなど既に送信済みのメールを変更後のメールアドレスに再送するすることはできませんので予めご了承ください。
受験料の支払いで、コンビニ決済を選択しましたが、支払期日を過ぎてしまいました。
申し訳ございませんが、支払期日が過ぎてのお支払いは受け付けておりません。
再度お申込みください。
申し込みのキャンセルや受験回の変更はできますか。
一度ご入金いただいた検定料は、キャンセル及び払い戻しは致しかねます。
また、受験回の変更もお受けすることはできません。
特定商取引に関する表示」をご確認ください。
海外で申込みをしましたが、受験票が届きません。
現在、中国の郵便事情により届かない場合がございます。
申し訳ございませんが、検定日3日前までに未着の場合は下記お問い合わせまでご連絡ください。
海外で受験をしましたが、認定証が届きません。
現在、中国の郵便事情により届かない場合がございます。
申し訳ございませんが、個別でのEMS発送はご対応しておりません。
より確実に届く日本国内の郵送先をご連絡ください。
なぜ試験問題を持ち帰れないのですか?
TECCは、試験問題を公表していないため、持ち帰りはできません。
公表しない主な理由は、試験の信頼性、精度を高める為にスコアの等化を目的とした統計処理を行いますが、試験問題を公開し、正答が公になることで、スコアの等化に支障をきたす恐れがあるため、非公開としています。

お問い合わせ

中国語コミュニケーション能力検定 TECC検定事務局
TEL:03-6674-1796(土日祝日を除く、12:00~21:00)
メール:info@tecc.jpn.com

ページトップへ